育毛に大切な栄養とは。

今年の流行語が決まりましたね!「髪ってる」いい言葉です。できる事ならば、もう抜け毛に悩まされずに、すくすくと育ってほしい髪の毛。普段何気なく食べている食べ物の中には、髪に良い食べ物があり、それらには、大事な栄養素を含んでいます。今回は「育毛に大切な栄養とは。」についてお伝えします。

■1.タンパク質

育毛に大切な栄養とは。そう聴かれて真っ先に応えるのは、タンパク質でしょう。髪の毛はタンパク質で構成されていることから、良質のタンパク質をとることの重大性を感じていただけるのではないでしょうか。丈夫な髪の毛を生やすためには、欠かすことのできない栄養素です。ただし、どのようなタンパク質を吸収するかは意識しておきたいポイント。動物性と植物性の2種類があり、お肉に含まれる動物性のタンパク質を多く取り入れると、脂質が髪に溜まってしまい、育毛の妨げになります。肉や卵等のタンパク質も生きていくために必要ですが、髪の毛のことを考えるならば、お魚や納豆、豆腐や豆乳などの植物性のタンパク質を多めにとるように気をつけましょう。

■2.アミノ酸

育毛効果が最も期待できる栄養素の中に、アミノ酸があります。髪の毛はタンパク質で構成されていますが、18種類のアミノ酸で構成されているのです。そのことからも察していただけるかと思いますが、アミノ酸とタンパク質の両方を吸収することが大事です。卵や豆腐、納豆などの食べ物にアミノ酸も含まれています。なるべく自炊を心がけ、朝ご飯を納豆ご飯に、卵焼き、豆腐とわかめの味噌汁など、日々摂取するように気を付けるとよいでしょう。

■3.ビタミン

発毛にビタミンB2、ビタミンB6は、タンパク質が髪になる働きを助け、促進します。そのため、発毛効果が期待できます。ビタミンB群はなるべくバランスよく摂取したほうが良いと言われています。ビタミンB7のビオチンは、不足すると抜け毛の原因にもなるので、積極的に撮りたいところです。ビタミンEは、血行促進や血管の保護をしてくれるため、髪に良いもののひとつです。しかし、過剰摂取は副作用も考えられるため、適正量を意識して食べることが大切です。具体的には、マグロの赤身、海苔、ナッツ類、緑黄色野菜などです。

■4.亜鉛

亜鉛は、タンパク質を作るのに欠かせない栄養素です。そのことから育毛を考えた先に大事であることはわかることでしょう。こちらも積極的に食事で取り入れたいところです。ちなみに亜鉛の多い食べ物としては、有名どころでは牡蠣やレバーになります。

いかがでしたでしょうか。育毛に効果的な栄養を知り、日々の生活に「髪ってる」を取り入れてみましょう。