亜鉛は育毛に欠かせない成分です。

亜鉛は育毛には欠かせない成分です。それは、不足すると抜け毛や薄毛の原因になるためです。タンパク質の合成をサポートします。亜鉛もミネラルの一種ですから、不足すると、ガザガザと乾燥したり、髪が細くなったり、ボリュームがなくなってきたりします。いわゆる抜け毛にもつながっていきます。

また、加工食品の保存料や食品添加物は、体内の亜鉛の排出を促進するものも。排出すると、ミネラル不足になり、抜け毛や育毛の困難を招くことも考えられます。積極的に摂取したいところです。

効果の一つに、男性ホルモンの一種であるテストホルモン生成を阻害する働きがあると言われています。テストステロンは抜け毛の原因と考えられているため、阻害する働きがあるということは、育毛に効果的にも捉えられます。しかし不足すると、阻害する働きも鈍り、髪質が悪くなったり、髪の伸び方が悪くなってきたりします。またすぐに消えてしまうもろい髪になり、育毛が困難になります。だから育毛に欠かせない成分です。

しかし、現代社会は摂取量が足りていないと言われています。一説によると、1日に必要としている半分程度しか取れていないのではないかと考えられているそうです。それは、ストレスによる亜鉛の消費が起こるから。ストレスによって、吸収した亜鉛をどんどん消耗してしまい、髪にまで栄養が行き届かないのです。他にも、栄養バランスの悪い食事やアルコール、疲労や発汗なども消耗するのです。積極的にとることが欠かせません。それでは多く含む食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか。

1番は、牡蠣です。含有量13.2mgと、食品の中でも最も多く亜鉛を含んでいると言われています。価格的に手ごろに食べられるものでもありませんが、たまにはカキフライや牡蠣鍋等で摂取してみましょう。2番は、ビーフジャーキーです。含有量8.8mg です。小腹が減ったときにちょうどいいですね。3番は、チーズ。含有量7.3mgです。パルメザンチーズが最も多く含んでいますが、牛乳を始めとする乳製品は全体的に含んでいる量が多めです。

いかがでしたでしょうか。日常的に生成できない亜鉛だからこそ、積極的に食事で取り入れて、育毛促進したいですね。