タンパク質が不足したら髪の毛も弱る。

ここまで読み進めていただいたみなさんは、タンパク質が髪の毛にとって非常に重要なものであることはわかっていただけたと思います。しかし、忙しい現代社会。残業が続けば、手軽に食べられるファーストフードでバーガーやポテトのご飯になったり、コンビニでおにぎりだけやお弁当だけ食べたりなど、簡易に済ませがちです。そうなると、どうしても栄養が偏り、必要なものを摂取できなくてもおかしくありません。けれども不足したら、髪の毛も弱るのです。詳しく不足が髪の毛に与える影響について説明します。

髪の毛はタンパク質で構成されています。具体的には、1種であるケラチンが髪の毛を構成しています。髪の毛の構成の99%がこちらによって、作られています。発毛や育毛には取って欠かせないものです。丈夫な髪の毛を生やすためには、欠かすことのできないのです。もし、不足するとどうなると思いますか。そもそもタンパク質とはどのようなものかを見つめていく必要があります。

タンパク質とは、髪の毛以外にも、心臓や肝臓などの臓器、筋肉や血液、皮膚や爪などを作ります。人が生きていくうえで欠かせない栄養素です。髪の毛に関しては、命に直接かかわるものではないため、優先順位は下になります、そのため、良質なタンパク質の摂取が少ないと、髪の毛を作ることが難しくなります。

人間が必要なタンパク質は、体重1キロに対して1グラムと言われています。体重が70キロの男性の場合には、70グラムの摂取が必要です。不足した場合、体に必要な優先順位の低いところから行き届かなくなります。そのため、日頃から摂取しないと抜け毛や生えてこないという頭髪困難で悩むことにも繋がりかねません。不足したら髪の毛も弱ると考えられる理由がここにあります。

動物性と植物性の2種類のタンパク質がありますが、動物性は多く取りすぎると、脂質が髪に溜まってしまい、育毛の妨げになります。お魚や納豆、豆腐などの植物性のものをとるように気をつけましょう。